岡本クリニック日記

岡本クリニック メンタルケア室    岡本慶子 精神科医

折々のことば 家族だから理解できる感情

朝刊を開くと、恩師 故小澤勲先生の言葉が目に飛び込んできた。 

「痴呆を病む人たちは、一つ一つのエピソードは記憶に残っていないらしいのに、そのエピソードにまつわる感情は蓄積されていく 小澤勲」
 (
2016.4.14 朝日新聞朝刊 折々のことば 鷲田清一

鷲田はこう続ける。「だから、多数の事例から「わけ」を知る医師より、長くそばで生きてきた人のほうがその感情を深く理解できることもある」。

 

家族のほうが、専門職よりも深く理解できる感情がある。統合失調症でも同じだ。

精神科の専門職は、症状をも「性格」とみなして患者に否定的な気持ちを抱く家族としばしば出会い、「素人だから症状のことが分からないのだ。だから性格だと間違えてしまうのだ」と考える。
 そして一生懸命家族教育をしたりする。

 専門家だから、症状と性格を腑分けして見せる技術は必要だ。それで家族が楽になる部分も大きいから、そのこと自体は間違いではない。
 しかしどこかに専門職特有の「上から目線」が潜んでいたりする。

 

 私はこう思う。

家族は症状の知識がないから「性格」と見なすだけではない。
 本人の性格を知り尽くしているから、症状と渾然一体となって現れる「性格由来のもの」を感知してしまうのだ。それゆえ「症状だから」と流すことができないのだ。

その背景には、家族しか知らない痛みを伴う歴史がある。

地域生活支援センターのお話

クリニックでは、支援機関見学会や、関係者に来てもらっての講座を定期的に行っている。

昨日は講座「地域生活支援センターで相談できること」を開催。
講師には、京都市東部障害者地域生活支援センター「からしだねセンター」の相談員さんをお迎えした。
具体的な支援の実際を聞いて、とても参考になった。

今は家族と同居していて、福祉サービスに差し迫ったニーズのないメンバーでも
「いつか家族がいなくなったらどうなるんだろう」と不安を抱えている。
経済は、住まいは、身の周りのことは、精神的にも大丈夫だろうか・・・と。

いろいろな支援があるんだ。と知ることで、安心する人は多い。











 

認知機能リハビリテーション JーCORES

認知機能リハビリテーション J-CORES 終盤となった。
昨年度のNEARにつづいて、2期目の認知リハである。

認知リハといえばパソコンに向かって黙々と脳トレする暗いイメージをもつ人がいるかもしれない。
実際は逆で、(合う合わないはあるけれど)、続けるうちに笑顔が増えるメンバーが多い。

週2回定期的に数か月通ってこれた自信や
数人の決まった顔ぶれで親しくなる楽しさもある。

加えてこのプログラムで一番大切なのは
「こうしたら覚えやすい」「話の要点はこう押さえる」「こうして段取りを考えた」など
コツを身につけて自信を回復することだ。

パソコンだけでなく、話し合いの時間がある。
日常生活でコツを使った話から、
メンバーの知恵がいっぱいでてくる。

またおいおい紹介してゆきたい。

(認知機能リハビリテーションはかんたん統合失調症教室(年間登録)の追加講座として実施しています。対象は教室メンバーです)





 

松本雅彦先生のご逝去に

恩師・松本雅彦先生が昨年夏、ご逝去された。

昨秋のこと。
待ち合わせの時間つぶしに立ち寄った小さな書店の一角に
遺作となった「日本の精神医学この五〇年」(みすず書房)があった。
ご逝去後の出版である。

精神医学の専門書が置いてあること自体、意外に思える規模の書店。
先生はマスコミに売名する方ではなかったから、世間に売れる本ではない。
それがこちらを見るように、正面を向けて陳列されていた。

昔から論文を書かない私に、繰り返し書くようにと促してくださった。
最近は私に黙って、出版社に当院の資料をわざわざ送っておられた。

控えめなのに実は教育熱心な先生が、気まぐれに降りてきて下さった気がした。

松本雅彦先生のご著書から
心は心でしか分からない



















 

心は心でしかわからない

恩師・松本雅彦先生が昨年ご逝去された。
ずっと前に書いた、M先生である。

遺著 「日本の精神医学この五〇年」 松本雅彦著 みすず書房 2015年 から・・・

(以下引用)
「イエスかノーかの二分法にはすでにこの時点で評価者の主観が強く入り混じること、このような二分法を積み重ねてゆくことが真に客観的な評価になりうるか・・・など、この種の操作方法から生まれた症状評価尺度表の功罪…(後略)」 p.156

「昨今Evidence Baced Medicine(EBM(エビデンスに基づく医療))がしきりに喧伝されている。統計学の素人ではあるが、このEvidenceがいったいどこから導き出されるのか、それらが本来の意味での科学的客観性をもちうるのか、どうしても疑わざるをえない。」 p.169

「心は心でしかわからない。」 p.206
(引用ここまで)

かつて精神医学では主観的評価の弊害がいわれ、「客観的」「エビデンス」の名のもとに、評価の数値化、統計化、横断面重視、細分化した個別症状評価への流れがおこった。
そこで見誤ったり見失ったものがどれだけあるか、今はまだ分からない。

先生は最後に渾身の異議申し立てをして逝かれた。
記事検索
  • ライブドアブログ