岡本クリニック日記

岡本クリニック メンタルケア室    岡本慶子 精神科医

家族教室

毎年、家族教室を実施している。
今年度はいつもの内容に加えて、講演会をひらく。
「訪問してくれる支援」として、ホームヘルプサービスと、訪問看護について、それぞれの現場の専門職からお話をいただく予定。
いずれも地元、京都市南区にある事業所からお越しいただく。
保健センターの相談員をして「難しいときほどお願いしたくなる」と言わしめる、良い仕事をされる方たちだ。

「親が元気なうちはいいけど・・」と将来の心配をされるご家族に(ご本人も)、少しでも安心していただけたら。
たとえ訪問支援を必要としなくても、「イザとなればこんなのもあるんや」と知って気楽になっていただければと願っている。
案内状作りが結構大変だった。送付できてほっと一息。

「精神障害者」でなく「求援権者」と呼ぶ

当室では「精神障害者」という言葉を使わない。必要なときには「求援権者」と言う。

「かんたん統合失調症教室」では就労支援、生活支援等の制度説明もする。
制度や施設には大抵「精神障害者」という言葉がついているので、まずはその説明から始める。

~~制度上でてくる「精神障害者」という言葉について~~
「病気のために今はしんどいので、支援を求める権利のある状態」を、そういう権利のない状態と区別するため、法律では「障害者」と呼びます。
公的な制度は法律に基づくため、あらゆる制度で「障害者」という言葉がでてきます。不適切な言葉なので気にしないで、「支援を求める権利のある状態」と心の中で読み替えてください。

岡本は「求援権者」と勝手に呼んでます。
権利のある状態なら支援を使うのもOK。自力で行けるなら使わないのもOK。
自分で選べる選択肢です。
その時々の状況で自分に合う方を選べばよいのです。」

(かんたん統合失調症テキスト 岡本クリニック メンタルケア室 2012から引用 http://www.eonet.ne.jp/~okamoto-mental/text1.html

障害者という言葉にはいろいろな意見があるようだ。それぞれに一理あるのだろう。
けれど、もとを正せば「支援を求める権利のある状態」なのだから、そのまま言葉にすればいい。

同志社大学

同志社大学で「統合失調症地域医療のひとつの試み」と題して講義する機会をいただいた。

大河ドラマ「八重の桜」のおかげで、同志社は今、観光ブームだ。
講義前に構内をぶらぶら散歩。

江戸末期から明治へと激動の時代に、常識にとらわれず強い生き方を貫いた新島八重は、同志社を身近に感じさせてくれる。

新聞部

新聞を発行する自助グループを作りたい。
そんな思いで始まった「新聞部」から、定期的に美しい紙面が届く。
内容は盛りだくさんだ。
たとえば今秋号なら、お菓子のレシピ。本の紹介。写真作品。病気の紹介。
以前ここにも書いたバレーボールをする自助グループ、ル・クールの紹介記事。

部の発足のころ、試行錯誤しながら活動方針を決めて、部員たちが挨拶に来てくださった。
「自分たちでやってゆく」という意気込みがしっかり感じられた。

次の第5号が楽しみだ。




高雄 西明寺

紅葉で名高い高雄は、市街から周山街道を走ればほど近い。

空海が活躍した神護寺、明恵上人が過ごした高山寺(こうさんじ)が有名だが、その間に佇む小さな西明寺(さいみょうじ)も美しい。空海の高弟、智泉大徳の創建と伝わる。

清滝川を渡り紅葉をくぐれば境内。
本堂の本尊、釈迦如来像は運慶作である。
たいていの寺ではご本尊のずっと手前に柵があるが、ここでは「どうぞすぐ前まで進んで見てくださいね」とおばさんが勧めてくれるのが嬉しい。

こんなに優しい小さな像を運慶が・・・と驚く。ただし眼光は鋭い。


記事検索
  • ライブドアブログ