岡本クリニック日記

岡本クリニック メンタルケア室    岡本慶子 精神科医

無題

尊敬する先輩を見送った。
とりわけ困難な臨床現場に自ら飛び込み、生涯を走り続けてきた方だ。
病床での最後の著作にその志を託して。

M先生

恩師M先生は、決して偉そうにされない。
患者さんに対しても私たち若輩に対しても、いつも静かに控えめに接してくださる。

そんな先生が珍しく、あるテーマで臨床論文を書くようにと何度も促してくださったことがある。昔、大学病院にいた頃だ。
筆不精でなかなか手をつけない私に、先生はたびたび「あれ、書いてる?」と尋ねてくださった。
粘り強い促しのおかげで、いつかは書こうと思いつづけることができた。そして10年もたって、ようやく書き上げた。そんなにお待たせしたのに先生は快くご校閲くださった。そして、そのテーマは以後の私に大きな影響を与えた。

70代半ばになられた先生は、今も私を思いがけない出会いに導いて下さったりする。
人生の要所を方向づけて下さるご指導に、感謝は言葉につくせない。

K先生

「精神科外来診療所研究会」の演者として、話す機会をいただいた。
私が昔から尊敬するK先生が自腹を切って開催されている、京都では知る人ぞ知る研究会だ。
K先生は診療とともに、薬害や公害、環境問題分野でも活動され、今は原発問題に力を入れておられる。

研修医時代、何度も診察を見学させていただいた。
薬に造詣が深く、種類も量も絞り込んだシンプルな処方と、的確な生活指導。深入りをしないあっさりした治療関係なのに患者さんからの信頼が篤かった。

今年80歳になられたK先生は、活動報告をした私に「あなたの夢は何?」と尋ねられた。「若い人には夢を持ってほしい」と。
私の夢はまだ形が見えない。日々の仕事に取り組むうちに、だんだん形が見えてくるものだと思っている。
でも忙しくしていると、夢の形を追うことを忘れそうになる。

K先生はそんな質問をしてくださる方なのだ。





大学生が統合失調症にかかったら

ある大学から依頼があり、教職員むけの研修会で話してきた。
テーマは「大学生によくある病気~統合失調症の基礎知識~」。

統合失調症の好発年齢は10歳代後半から20歳代。まさに大学生の頃だ。しかも多い疾患だ。

しかし、一般に大学における「統合失調症」を意識した学生支援は整っていない。ニーズはあるのに。
身体障害や発達障害にくらべてずいぶん遅れをとっている。

今回は学生相談室からの依頼だった。そんな状況に一石を投じたいカウンセラーの思いが伝わってきた。
医療の側からは何ができるのだろうか。考えさせられる。







松本ハウスがやってきた

松本ハウスのお笑いライブに行ってきた!
久しぶりに大笑い。

このところ仕事以外のことでいろいろあって、本当に疲れていたので
「面白かった」のはもちろんあるけれど、なんだか「助かった」気がした。

お笑いは、すごい。

当事者によるテキストチェック

かんたん統合失調症教室で使っているテキストがある(クリニックのホームページで公開)。

ときおりメンバーから率直な意見をいただく。
なるほど。と思ったらすぐに書き直している。
医学的事実は書き直しようがないけれど、「ここは分かりにくい」等々、意見は大歓迎だ。

私は、あらゆる心理教育や認知行動療法のテキストやマニュアルに当事者の生の声がフィードバックされるべきだと思っている。
とりわけ「誇りを傷つけられたと感じる部分はないか」が重要だ。ひらたく言えば「ばかにされた気がしないか」。

デジタルな指標を用いて科学的に効果を評価することは大切だけれど、加えて、違う角度からのチェックも必要ではと思う。
患者さんは、不快感があっても上手く言えないで我慢していることがある。

まずは「自分が受けるならどうか」を考えなければならない。
しかし想像力の及ばないこともある。当事者に教えてもらうのが近道だ。






悩みは縦に並べる

出勤前にテレビを見ていたら、笑福亭鶴瓶さんがこんなことを言った。

「悩みは横に並べたらあかん。縦に並べる。それで一こずつ片付けていくねん。」

前から順にゆっくりどけてゆく彼の仕草で、「悩み」が行儀よく縦に並んでいるのが目に見えた。

私たちは患者さんに、「問題に取り組むときには一つずつ」とよく言うけれど、

この一言とこの手つき。忘れられないインパクトだ。噺家恐るべし。






記事検索
  • ライブドアブログ