あるテレビ番組の制作スタッフから電話があった。
こんど統合失調症の特集をするので・・・との取材だった。

このところ、テレビで統合失調症が取り上げられる機会が増えている。
それ自体は良いことだ。「知らない」ゆえに起こる弊害は大きい。

ただ方法には十分な考慮が必要だ。

メンバーの皆さんから、テレビでの統合失調症のとりあげかたに辛い思いをする、と聞くことがある。
せっかくの啓発目的の番組が「怖い病気だから早く発見しましょう」というニュアンスで、あとに残るのは「怖い病気」という印象ばかりだったとか・・・。
NHKには意欲的な取り組みがあるけれど、一方朝ドラ「純と愛」での統合失調症の扱われ方には胸が痛んだ。メンバーからも同じ思いを聞いた。

最良の報道は、当事者の(それもできるだけいろいろな方の)発言だと思う。