浜崎裕佳さんからメール。
電子書籍を出版したとの嬉しい知らせだった。


「病気の私は、私の一部です ―統合失調症と私―」


「病気だからって、人生諦めることなんてない」「社会は冷たくなく、あたたかい」「今を精一杯生きてゆく」と語りかける氏は、そう思えるようになるまでに、幾多のつらい経験をして変わってこられたのだ。

希望の見えない日々を過ごす人に読んでほしい力作だ。
http://cargo.honninaru.com/display/details.cfm?gid=30012341