紅葉で名高い高雄は、市街から周山街道を走ればほど近い。

空海が活躍した神護寺、明恵上人が過ごした高山寺(こうさんじ)が有名だが、その間に佇む小さな西明寺(さいみょうじ)も美しい。空海の高弟、智泉大徳の創建と伝わる。

清滝川を渡り紅葉をくぐれば境内。
本堂の本尊、釈迦如来像は運慶作である。
たいていの寺ではご本尊のずっと手前に柵があるが、ここでは「どうぞすぐ前まで進んで見てくださいね」とおばさんが勧めてくれるのが嬉しい。

こんなに優しい小さな像を運慶が・・・と驚く。ただし眼光は鋭い。