3月15日、日本統合失調症学会シンポジウムで活動報告。

テーマは地域支援。
メンバーはしののめハウスの菅野治子氏、漫画家で子どもの立場から中村ユキ氏、当事者でグループホーム世話人の竹内政治氏、座長はたかぎクリニック高木俊介氏。
私からは自分の活動と考えていることを話した。

学会だけれど専門職だけでなく当事者や家族の方々が来られていて、会場の当事者から真剣な質問が出たのが良かった。