岡本クリニック日記

岡本クリニック メンタルケア室    岡本慶子 精神科医

当事者の声を聴く

4コマ漫画「統合失調症とのつきあいかた」当事者50人の経験 ようやく公開

グループ療法でメンバーが出し合う、統合失調症とつきあうための知恵。
自分でできる対処の工夫や深い思い。
いろんな人に役立つように、しかも分かりやすく、と願って、4コマ漫画にして書きためていた。

みんなに見てもらうと、
「家でいつでも見れるようにしてほしい」「ホームページにのせてほしい」「家族にも見せたい」と要望多数。

多忙に負けてグズグズしていたが、
新阿武山病院・新阿武山クリニックの「心理教育セミナー」に招いていただいたのを機に
やっとブログにして公開できた。

同セミナーの打ち合わせで4コマ漫画を話に盛り込むことになったものの、
大量にあるため印刷の手間をかけるのが気が引けて、
「ネットで見ていただけます」と言えるようにと一念発起。

主催者のご好意で、結局全部印刷して分厚い資料を作ってくださったのだが、
おしりに火が付いたおかげでやっと公開にこぎつけた。

統合失調症に悩む多くの人に見てほしいから、ランキングなるものにも初めて参加。

4コマ漫画「統合失調症とのつきあいかた」当事者50人の経験はこちら
パソコン、スマホ版  http://okamoto-clinic-4koma.dreamlog.jp/
携帯版  http://okamoto-clinic-4koma.m.dramlog.jp/


メンバーの原稿

ある雑誌に投稿するために、メンバー有志が原稿を書いた。
みんなで決めたテーマをもとに、それぞれが書き上げたものだ。

「統合失調症をもつこと」への思い。「病気をもつ自分をどう思う?」「病気を経験して見えてきたことがある?」
普段のグループでも年若いメンバーから出されたことがある切実な問い。
自己否定の闇から抜け出すための大切な問い。
このテーマで書いて発表したいと、みんなで決めた。

ここしばらく、そのまとめ作業に追われていた。
予想以上に多くのメンバーから提出されたので
与えられた枚数に収まるように調整するのが私の仕事だ。

読み返すうちに、この原稿、この言葉に至るまでの体験の重さが胸に迫り、何度も手が止まった。

テレビでの統合失調症

あるテレビ番組の制作スタッフから電話があった。
こんど統合失調症の特集をするので・・・との取材だった。

このところ、テレビで統合失調症が取り上げられる機会が増えている。
それ自体は良いことだ。「知らない」ゆえに起こる弊害は大きい。

ただ方法には十分な考慮が必要だ。

メンバーの皆さんから、テレビでの統合失調症のとりあげかたに辛い思いをする、と聞くことがある。
せっかくの啓発目的の番組が「怖い病気だから早く発見しましょう」というニュアンスで、あとに残るのは「怖い病気」という印象ばかりだったとか・・・。
NHKには意欲的な取り組みがあるけれど、一方朝ドラ「純と愛」での統合失調症の扱われ方には胸が痛んだ。メンバーからも同じ思いを聞いた。

最良の報道は、当事者の(それもできるだけいろいろな方の)発言だと思う。

希望を語る 4

浜崎裕佳さんからメール。
電子書籍を出版したとの嬉しい知らせだった。


「病気の私は、私の一部です ―統合失調症と私―」


「病気だからって、人生諦めることなんてない」「社会は冷たくなく、あたたかい」「今を精一杯生きてゆく」と語りかける氏は、そう思えるようになるまでに、幾多のつらい経験をして変わってこられたのだ。

希望の見えない日々を過ごす人に読んでほしい力作だ。
http://cargo.honninaru.com/display/details.cfm?gid=30012341


 


 

思いを書いていただく

私は話すのが苦手だ。
思いが話し言葉になってすらすら出てくるタイプの人間ではない。
だからふだんは無口だ。
でもこうして書いていると、少しずつ出てくる。

統合失調症をもつ方々の中にも、無口だけれど書いていただくと思いが出てくる人が少なくない。
だから私のところでは、なにかと書いてもらう機会がある。
まとまった文章でなくていい。誤字脱字全然かまわない。思いは十分に伝わってくる。

ときにはミーティングの前に、テーマにまつわる各自の思いをメモしてもらう。
無理なく書ける範囲でいい。書きたくない人や必要のない人は書かなくていい。
それを見ながら発言してもいいし、緊張で発言できなければメモだけ提出してもいい。

「当事者による当事者のためのシンポジウム」では、参加者全員に配るアンケート用紙に添えて小さな鉛筆をプレゼントする。
筆記用具を持参する方は少ないから、鉛筆をわたすことはとても大事だ。
アンケートは言葉で書いていただく。よくある「あてはまるところに〇」では、何も伝わってこないから。
たくさん返ってくる。ぎっしり書き込まれたもの、短い言葉に深い思いを込めたもの。

小さな鉛筆から紡ぎだされた言葉の一つ一つが、光っている。







私たちが知りたいこと

ある雑誌の企画で、メンバー有志が「私たちが知りたいこと」をテーマにミーティングをもった。
統合失調症をもつ当事者がどんなことを知りたいか、どんな情報を必要としているか。
自分たちが発言することで全国の統合失調症をもつ人たちの役に立てばと、8人が名乗りをあげて集まった。

その原稿をまとめていて、率直な意見の一言一言が胸にささった。
医師として自分がしてきたことはどうだったのだろうと・・・。

みんなの思いが広くいろんな人に届くように!

「統合失調症がやってきた~松本ハウスがやってくる~」大阪・寝屋川

2013年9月29日、大阪・寝屋川でイベント「統合失調症がやってきた~松本ハウスがやってくる~」が開催される。
主催は「寝屋川市民たすけあいの会」。頑張って無料で開催してくださるようだ。

メンバーを誘って行こう!
とても楽しみ。

イベントについてはこちら(寝屋川市民たすけあいの会)
HP:http://neyagawatasukeai.org
facebookページ:https://www.facebook.com/neyagawatasukeai

松本ハウスのサイトはこちら
http://projectjinrui.jugem.jp

記事検索
  • ライブドアブログ